理想の住宅を建てるためのリノベーションとは?

>

リノベーションの魅力

リノベーションとリフォーム

リノベーションとリフォームという二つの用語はよく耳にすると思います。
混同してしまうことの多い、この二つの用語の違いについて見ていきましょう。

リフォームを実施すると、古くなってしまって壊れている、若しくは使い勝手が悪くなっている箇所をマイナスとすると、住む前の新築の状態がゼロとなります。
つまりリフォームはマイナスをゼロに戻す作業を指すのです。
例えば、壁紙の張り替えやキッチンの設備変更などがそれに該当します。

一方リノベーションは、建物に大規模な工事を施し、新築の状態よりも更に性能や価値を向上させる作業のことです。
つまり、マイナスかゼロの状態から、必要と思われるところをプラスしていきます。
例えば、子供部屋を新しく作ったり、耐久性を高めるための壁の補修などがそれに当たります。

二つのメリットとデメリット

リフォームのメリットとして考えられるのが、リノベーションと比べると費用が安く済むことが多い点です。
必要と思われる箇所だけをリフォームし、大規模な工事は行わないので、比較的安価な料金で行うことができます。
デメリットとなる点は、上で説明した通りリフォームはマイナスからゼロに戻すことなので、機能自体は以前の状態より良くは改善しないことです。

リノベーションのメリットは、既存の建物を自分の好みや目的に合わせて自由に設計できることです。
ライフスタイルに合わせて変化させていくことも可能ですので、無限に可能性は広がります。
デメリットは、中古物件を購入してリノベーションを行うケースも多いため築年数が長く経過していることです。
耐震性や耐久性が基準を超えていない場合は、耐震工事などの費用がかかってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る